Proletarier aller Länder, vereinigt euch!
by komintern
タグ
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
タグ:映画 ( 4 ) タグの人気記事
朕ランキング2007―映画編―
1. The Shout / Jerzy Skolimowski (1978/英)
[PR]
by komintern | 2007-12-31 23:59 | 朕ランキング
朕ランキング2006―映画編―
b0000091_0164333.jpg1. 紀子の食卓 / 園子温 (2005/日)

b0000091_20252120.jpg2. 網走番外地 / 石井輝男 (1965/日)

b0000091_23524176.jpg3. Broken Flowers / Jim Jarmusch (2005/米)

b0000091_22415690.jpg4. 黒い十人の女 / 市川崑 (1961/日)

b0000091_20255043.jpg5. 網走番外地 望郷編 / 石井輝男 (1965/日)

b0000091_19152432.jpg6. Solntse / Aleksandr Sokurov (2005/露=伊=仏=スイス)

b0000091_5354651.jpg7. にっぽん昆虫記 / 今村昌平 (1963/日)

b0000091_2021473.jpg8. 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間 / 石井輝男 (1969/日)

b0000091_5235799.jpg9. Blade Runner / Ridley Scott (1982/米)

b0000091_23485640.jpg10. Anything Else / Woody Allen (2003/米=仏=英=オランダ)

<朕へ>
今年は初観が18本で再観が2本。観てないなあ。ああ。
そんな中でも『紀子の食卓』は傑出。『網走番外地』の健さんも良かったけど吹石一恵をあれだけ魅力的に描けるのは異常。

<次点>
[PR]
by komintern | 2006-12-31 23:59 | 朕ランキング
朕ランキング2005―映画編―
b0000091_20494249.jpg1. 現代好色伝 テロルの季節 / 若松孝二 (1969/日)

b0000091_8374832.jpg2. Weekend / Jean-Luc Godard (1967/仏=伊)

b0000091_23203890.jpg3. パッチギ! / 井筒和幸 (2005/日)

b0000091_2291268.jpg4. Les Cousins / Claude Chabrol (1959/仏)

b0000091_3185142.jpg5. Ici Et Ailleurs / Jean-Luc Godard (1975/仏)

b0000091_24111.jpg6. 誰も知らない / 是枝裕和 (2004/日)

b0000091_2335287.jpg7. Vivre Sa Vie / Jean-Luc Godard (1962/仏)

b0000091_1956239.jpg8. 現代性犯罪絶叫篇 理由なき暴行 / 若松孝二 (1969/日)

b0000091_23411622.jpg9. Notre Musique / Jean-Luc Godard (2004/仏)

b0000091_2018469.jpg10. 胎児が密猟する時 / 若松孝二 (1966/日)


<朕へ>
一年を通じて観た作品が偏ってる。初見が62本(うち劇場39本)、再見が10本(うち劇場6本)で、振り返ればそこそこ観てたんだなあと。17歳の風景公開に合わせて、劇場で若松の作品をたくさんやってたのが嬉しかった。
2005年度公開の作品で(観た中で)、一番良かったのは『パッチギ』。「戦争する奴はぶっ殺してやる」的なラディカルさを持つ(博士が言ってたのかな)井筒監督の良さが余すところなく出てたんじゃないでしょうか。北朝鮮との関係で世論が沸騰するのを煽る独裁者が統治するこの国で、井筒監督の狂ったラディカルさがまともにみえてしまう珍妙な時代なんだということを痛感した。
後は『アワーミュージック』。寄る辺なき時代に福音たり得るのは映像の力しかないのかなと。
そして、『ある朝スウプは』。映像コンテンツって、金かけりゃいいってもんじゃないって。濃厚な関係性の不可解な幸福に、単調さと過激さの表裏を観た。
そして、『さよなら、さよなら、ハリウッド』のウディの円熟に感動。

来年もこのペースでいければなぁ。

<次点>
[PR]
by komintern | 2005-12-31 23:59 | 朕ランキング
朕ランキング2004―映画編― 7/23~12/31

b0000091_8145343.jpg1. Une femme est une femme / Jean-Luc Godard (1961/仏)

b0000091_22413450.jpg2. Elephant / Gus Van Sant (2003/米)

b0000091_181271.jpg3. 田園に死す / 寺山修司 (1974/日)

b0000091_237765.jpg4. Down by Law / Jim Jarmusch (1986/独=米)

b0000091_2132063.jpg5. Tout Va Bien / Jean-Luc Godard、Jean-Pierre Gorin (1972/仏=伊)

b0000091_14475771.jpg6. Stranger Than Paradise / Jim Jarmusch (1984/独=米)

b0000091_21243186.jpg7. Paris, Texas / Wim Wenders (1984/独=仏)

b0000091_2121384.jpg8. Storytelling / Todd Solondz (2001/米)

b0000091_0183992.jpg9. Domicile conjugal / François Truffaut (1970/仏=伊)

b0000091_2591358.jpg10. Full Metal Jacket / Stanley Kubrick (1987/米)

<朕へ>
集計が下半期からなのでこんな感じ。「女は女である」が結局1位。すきなの。
「エレファント」は2回3回と観ていくうちにどんどん好きになった。
あと、「ストーリーテリング」は非常に好き。トッド・ソロンズは来年新作公開らしいので期待。ジャームッシュも「コーヒー&シガレット」か。
上半期が入れば、間違いなく「リアリズムの宿」「トマトケチャップ皇帝」あたりが上位だっただろうと思う朕。
[PR]
by komintern | 2004-12-31 23:59 | 朕ランキング